2011年5月6日金曜日

VJやるよ(3) やったこと報告 - コロラマ

4/30にAPMT NIGHTというイベントでlisglitch名義でVJやりました。
この日のための新ネタとして作ったエフェクトのうち1つを解説&公開します。

もともと、作りやすくて使い勝手の良いエフェクトってどんなの?と細金君に聞いてみたところ「コロラマというエフェクトがAfter Effectsにあるので、それをVDMXで動かしたい」と返事がきたので、Quartz Composerで作ってみました。

(合ってるかどうか分からないですが)コロラマがどんな感じのものか、実際に動かすとどうなるかは以下の動画をどうぞ。




ダウンロードはこちらから。VDMXで動かせるImage Filterと、QCで動作を確認しやすいサンプルが入っています。



仕組みはいたってシンプルで、入力画像の各ピクセルを、その明るさに応じて指定した配列中の色で置き換えるColor Mapを使い、色の配列のスケールと色のセットをいじりやすく加工しているだけのものです。

このエフェクトにデフォルトで埋め込まれている画像。


このうち、パラメータに応じたY座標の1ラインが切り出され、Affine Tileで並べられてColor Mapに渡されます。上下方向にグラデがかかっているのは、このパラメータをいじったときにスムーズにつながらせるため。
もちろん、画像を入れ替えて独自のパレットにすることもできます。

というわけで、やってることとしては超単純なんですが、画面全体の表情に影響を及ぼせるので、かなり効果的に使えると好評です。

他のエフェクトと素材に関してはまた次回。

0 件のコメント:

コメントを投稿